FP受験をするための条件

国家資格であるFP技能士には1級から3級まであります。
社会人であればせっかく勉強するのですから、2級技能士を目指しましょう。
3級技能士よりも当然難しくはなりますし、3級が簡単だから飛ばすということではまったくありません。FP技能士ですから、基本的な勉強の内容はそれほど変わりません。そうなると同じように勉強するのであれば、まずは最初の目標が2級技能士であることから、まずはそこを目指そうということです。

これは、社会人であれば勉強に充てる時間に限りがあるということが一番の理由です。
大学生のように時間が比較的あるということでれば3級技能士から受験することもいいでしょう。それは2級技能士の受験資格に3級技能士の資格を有するものという条件からもわかります。しかし、この条件にはほかにも様々な条件があり、どれか一つでも該当していれば、2級技能士の資格取得のための試験を受けてもいいということになっているのです。

FP技能士の資格取得を考えた場合の最終目標は当然ながら1級技能士ということになります。
社会人の場合3級から順番に取得していったのでは時間がいくらあっても足りないでしょう。言い方が適当ではありませんが3級技能士では取得したとしてもたいした意味がないのが実情です。時間に比較的余裕のある学生が腕試しなどで受験するということが多いような試験なのです。

以上のことからまずは2級技能士の資格を取得し、さらに上を目指すということが資格取得のための王道といえるのです。

>>次のページ「FP技能士の合格率は」

ファイナンシャルプランナー通信講座ランキング
【No.1】フォーサイト
合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

>資料請求<
【No.2】四谷学院
予備校も運営しているので、充実したサポート体制を備えています。おなじみの55段階システムで、少しずつ学んでいきます。

>資料請求<
【No.3】クレアール
教材、カリキュラムとも目立った特徴はありませんが、それだけに基本をオーソドックスに押さえた内容です。自分なりの勉強方法を持っている人向きかも。

>資料請求<

>>FP2級合格法を詳しく知るならこのサイト<<
>>FP試験の難易度を調べるならこのサイト<<
>>FPに独学で挑戦するならこのサイト<<